光陽精工株式会社 社長のブログ

光陽精工株式会社 社長のブログ

プラスチック射出成型の会社です

読書のススメ

 

私は小学生の頃、とにかく読書が好きでした。親から「好きな本を買ってあげるから〇〇しなさい」と言われると喜んでその通りにしていましたし、休日に家族で外出するよりも家で本を読んでいることの方が好きな子供でした。

大人になってからも残業や飲み会のない日は仕事帰りに本屋に寄ることがルーティーンでしたがだんだん本屋が少なくなり、空いた時間も携帯をいじるようになり、今ではほとんど読書をしません。好きな本は何度も読む派なので大切に保管していた本も、何度か引っ越しをしてほとんど捨ててしまいました。読書に対する情熱がなくなったという感じでしょうか。

 

突然ですが我が家には猫と犬がいます。犬を迎えたのは半年前ですので半年前まで我が家は完全に猫派でした。NHKで養老孟子先生と飼い猫(まる)の番組を見つけ、猫を目的にその番組を観たのですがすぐに番組の大ファンになりました。養老先生がまるの話をするのですがその話がとても楽しかったので養老先生の本を読んでみたくなりました。

早速「バカの壁」をAmazonで購入し読んでみましたが、あまりにも久々の読書でコツがつかめないのか何故か読むのに少し苦労しました。でも読書も好きだったけれど「読書の時間」が好きだったということを思い出してまた本が読みたいと思いました。

私は読書のしすぎで怒られていたような子供だったので、読書の習慣がなくなったことに罪悪感を持ったことは一度もありませんでしたが、訓戒の意をこめて読書の効果を調べてみました。脳の活性化、ストレス低下の効果があり、それにより老化防止、最終的に長生きにまでたどり着きました。読書の効果を検索するとメリットばかりたくさん出てきますが、唯一実感しているのは読書によるストレス低下です。今回読書は慣れもかなりあるということを実感したので、最初は苦痛でも続けて慣れてくれば読書嫌いな方もリラックス効果を得られるかもしれません。

 

私にとって読書は娯楽でしかないのですが、嫌いな人にとってはいくら読書の良さをアピールしてもリラックス効果など信じられないかもしれません。私は入口として漫画やミステリーなどの読みやすい本で十分ではないかと思います。活字に慣れることや知らなかった世界に触れること(これは読書そのものにも本の内容にも言えますね)が既に脳の活性化につながっている気がします。とにかく自身で読書の効果をネットで検索してみるところから始めてみてはどうでしょうか。きっとその効果の多さと大きさに驚いて本を読みたくなってしまうと思います。

コロナ禍で考える製造業の未来

昨年から続いている新型コロナ感染症に世界中が翻弄され1年以上が経ちました。

ニューノーマル」という言葉もよく聞かれ、ほとんどの人が多かれ少なかれ今までどおりとは違う日常を送っているのではないでしょうか。

もちろん当社も売上額の減少に伴う働き方の見直しや、感染症予防など様々な対策を練ってきました。日々変化する情報や環境についていくことに四苦八苦していましたが、あまりにも長いコロナ禍で「今しかできないこと」を意識するようになってきました。

そこで、昨年度「ものづくり補助金」に挑戦することを決定し、申請したところ無事に採択され、「バイオマス樹脂」を使用して新しいことに挑戦できることになりました。それからBCP(事業継続力強化計画)とSDGs(埼玉県SDGsパートナー)の認定も受けました。ここまでは会社主導の案件でしたが、従業員からは「品質改善」の声が高まり、今期は会社を挙げての品質改善の年となりそうです。

いずれも製造業の未来に向かって、当社もようやくスタートラインに立てたのではないかとコロナ禍で数少ない希望の一つとなりました。

皮肉にも新型コロナ感染症がきっかけとなりましたが、元々働き方や環境問題は製造業にとって身近で重要な克服すべき課題でした。創業した当時は今では考えられないような無謀な働き方をしていました。しばらくして日本がバブル期に入り、創業者である私の叔父や父はまさに「忙殺」される日々を送っていました。日本の生産年齢人口も減り個人の労働時間も減る中でいかに生産性を高めるかということが課題となると感じていましたが、父の仕事量を見ていた私は当時に追いつく自信はありませんでした。

ただ、今回のコロナ禍で半ば強制的に働き方改革や環境問題に本気で取り組んでみたところ勉強不足だったと思い知らされ、特に環境問題はプラスチック業界にも希望のある話がたくさんあることを知りました。

工場のIoT化、他業種に後れを取っているように感じる働き方の見直し、雇用の継続、SDGsで学んだ環境問題など、もっと長期的で広い視野を持ってこれらの問題に挑み、激しく変化し続ける製造業のおかれる環境に対応できるような柔軟な会社でありたいと思います。