光陽精工株式会社 社長のブログ

光陽精工株式会社 女社長のブログ

プラスチック射出成型の会社です

吉野家常務の発言を女性目線で考えてみた

吉野家の常務の発言が大炎上しました。発言の内容からかなり年配の方なのかと思っていましたが、私と同年代ということだったのでとても驚いています。しかし、振り返ると私たちの年代でも育った時代は女性蔑視と言わざるを得ない教育がされていました。

 

私が子供の頃は専業主婦の母親が多かったように思います。働いていた方も子供がある程度大きくなってからのパートタイムが多く、父親と同じようにずっと正社員として働く母親は少なかったと記憶しています。働き方改革もされていない時代ですから、休みもなく夜遅くまで残業をしている父親。同じく母親たちも現在よりも家事や育児も不便なことが多くて全てにおいて現在より時間がかかっていたはずですが、父親敬う風潮があったのは昔ながらの習慣と教育、それから母親たちの夫に対する思いやりだったのかもしれません。どちらにせよ、家事と外での仕事ではどちらが大変かということを比較するのはとても難しいはずですが、サザエさん一家のように父親を一番に敬うというのはどこの家庭でも当たり前でした。また父親だけではなく、私の友人の家では夕食時、長女と次女(友人)がお皿を下げて洗い物の手伝いをし、長男はその手伝いは免除されていました。

社会人になった1990年代も、仕事以外の差別は日常茶飯事でした。20代の頃に面接で結婚の予定を聞かれたこともありますし、社内のお茶当番のみならず飲み会でお酌をして食事を取り分けるのは若い女性の仕事でした。(私が20代後半のときに新入社員の男性が自分もお茶当番に入りますと申し出てくれたときはとても驚きました)当時は当たり前だったので差別とは捉えていませんでしたが、よく知らない女性社員にお酌をしてもらって逆に気を使わないのだろうかと疑問でした。最近はお酌をしてもらうような場面もありますが、私ははっきり言って苦手です。瓶ビールが飲みたくてもお酌されるのが嫌で生ビールを頼んでしまいますし、話の内容よりも相手の飲み物に気を取られるのはとても不毛なことに感じてしまいます。

女性に求められる仕事の中には無意味なことも多くありましたが、社内の力仕事は今でも男性の仕事ですし、仕事中の移動の運転は男性に偏りがちです。男性が女性に年齢や結婚の有無を質問することはNGですが、女性から男性への質問ならば寛容な風潮もあります。年寄りと若者、男と女が同じ価値観で有るわけがありませんし、得意なことも異なります。お互いの立場を理解しようとする努力があれば、理解できないことでも傷つけあうことは少なくなるのではないでしょうか。深く学ばなくとも心遣いで回避できることは多いと思います。

 

今回の吉野家の常務の発言は、ジェンダー平等やコンプライアンスを深く学ばなくとも回避できたような低レベルな発言だったと私は思っています。ジェンダー平等やコンプライアンス、ハラスメント等を学ぶことは大切ですし、私の立場では必須です。ましてや大企業の常務という立場ならば、人並み以上に意識を高く持ちしっかり学んでおくべきです。あまりにも独り善がりで無防備な発言だったと思います。若者からしたら「話のつまらないおじさん」の典型なのではないでしょうか。

自分とは違う世代や性別の常識を受け入れ、相手の気持ちを考える。これだけでもかなりの平等性を保てる気がします。自分より若い世代の常識というのは常にアップデートしていかないとついていけません。若い世代の常識がこれからの常識だというくらいの謙虚な気持ちで聞かないとまったく理解できないことも多くあります。会社の代表としても人間としても柔軟に(でも必死に)アップデートしていきたいと思います。

新年度そして世界平和

4月となり新年度となった会社も多いと思います。光陽精工は2月が決算となりますので事業年度は3月からとなりますが、やはり4月1日というのは身の引き締まる思いがいたします。

前年度は相も変わらずコロナ禍でしたが、製造業である当社の売上に直接響いたのは世界情勢でした。米中関係やロシアのウクライナ侵攻はコロナよりも物流や部品逼迫、材料高騰に影響を及ぼしています。

米中関係はニュースなどから多少の予測はできましたが、ロシアのウクライナ軍事侵攻は私にとって、にわかに信じがたい事件でした。

昨年SDGsのパートナー登録をしましたが、国際目標であるSDGsでも世界平和を謳っています。そのような時代にロシアのような大国がウクライナへ軍事侵攻をするとは考えてもみませんでした。私たち日本人は第二次世界大戦の敗戦、原爆投下や沖縄戦などを教訓にして平和学習の教育を受けてきました。外国の映画にもベトナム戦争映画など戦争の悲惨さを訴える作品がたくさんあります。世界中が世界平和に向かっている今の時代に一般市民を巻き込む侵攻を大国であるロシアが行っているということは本当に恐ろしいことだと思います。私は憲法第九条は日本人の誇りだと思っています。恥ずかしながら私が理解している内容は小学生の頃から変わっていないレベルなのですが、ただそれを小学生でも知っているという認知度の高さが日本の平和教育の賜物だと感じます。

今回、岸田総理が会見で「広島出身の首相として、核による威嚇も使用もあってはならない」とロシアを非難したことは、唯一の戦争被爆国である日本から発信することに大きな意味があったように思います。欲を言えば広島出身者としての発言をもっとたくさん海外に向けて発信して欲しいと思います。

 

世界情勢は経済に影響を及ぼし製造業は振り回されがちです。しかし、ロシアのウクライナ侵攻については経営者ではなく一個人として一日も早い事態の収束を心から願っています。

アンガーマネジメント

冬季オリンピックが終わりパラリンピックが始まりますが、オリンピックでの平野歩夢選手(スノーボードハーフパイプ)の心の強さに本当に感動しました。

1本目は失敗、2本目は素人の私が見ている限りでは1位でおかしくない滑りでしたが2位、3本目で2位だった2本目と同じ内容で2本目の得点を上回って金メダル。自身でも採点に怒りを感じていたということをインタビューで話していましたが、あの場で怒りを原動力にして成功するということは悟りを開くようなレベルなのではないでしょうか。23歳のドレッドヘアーの若者が成し遂げたこととは考えられません。もちろん努力や才能といった裏付けがあったからこそだとは思いますが、完璧な感情のコントロールでした。

怒りというのは原動力にするには最も適している感情のような気もしますが、コントロールするとなるととても難しい感情だと思います。しかも原動力にするというのも長い目で見ればということで、瞬時に原動力に変えるとなれば完璧に感情をコントロールしなければ空回りになってしまう可能性が高いと思います。

平野選手の場合とは少し意味合いが違いますが、ビジネス研修などでもアンガーマネジメントという言葉を最近よく耳にします。怒りを上手くコントロールすることですが、こちらは特に今の時代では誰もが必要になります。私もアンガーマネジメントの話題を聞く度に反省し、気を付けなければと肝に銘じています。簡単な方法で有名なものは心の中で6秒数えるというものがあります。これは怒鳴ったり、つい手が出てしまう方などには有効かもしれませんが、私の怒り方のタイプには合っていないような気がするのです。私の場合、強い怒りを感じると気力が失せます。話したくもなくなってしまうので、万が一ビジネスシーンで起こった場合は戦う前に試合放棄となってしまうと思います。冷静に対処しなければ相手の思うつぼとなってしまいます。私の場合、相手の意見に偏見を持たずに一度受け入れてみることが私の冷静になる方法なのではと考えています。その上で投げやりにならずに、自分の意見を丁寧にわかりやすく伝えることが私の理想(目標)です。

方法はそれぞれ違うと思うので、大事なのは自身に合った方法を見つけることです。意識するだけでも随分違うのではないでしょうか。私の年代だと昔とは違う価値観に戸惑っている方も多いと思います。学校や仕事、お金を払う習い事までも先生や上司に叱られることは日常でしたし、それが良いことだと教えられてきました。怒りの連鎖の中では何も良いことがないということに気づけば、戸惑いながらも受け入れられると思うのです。時代についていくことは歳をとるほど大変ですが常に広い視野を持って柔軟に対応していきたいものです。

有意義な無駄

相変わらずコロナウイルス関連の話題となってしまいますが、現在当社の所在地である東京都と埼玉県にはまん延防止等重点措置が適用されています。不要不急の外出自粛などが要請されましたが、今回はコロナウイルスとは別問題として不要不急について考えてみたいと思います。

 

そもそも不要不急の定義としては「どうしても必要というわけでもなく、急いでする必要もないこと」と解されるそうですが、この意味だけを踏まえて不要不急を考えると生活のほとんどのことが不要不急に私は感じてしまいます。明確な判断基準があるわけではないので個人差が出てしまいますが、そもそも人間には不要不急や非合理的なこと、つまり一見無駄と思えることがとても大事なのだとコロナ禍の約2年間でたくさんの人が実感したのではないでしょうか。私はせっかちで面倒くさがりなので仕事でも家事でも合理性を重要視しがちでしたが、コロナ禍では仕事を含めた人生において無駄がないということの味気無さを感じるとともに、無駄がもたらしていた豊かさや有意義なことが見えてきました。不要不急を考えさせられると合理性だけを突き詰めていることが虚しくなってしまいます。精神的に不安定になる方が多いのも本当によくわかります。コロナウイルスに対する恐怖だけではないはずです。不要不急の外出を控えた結果、仕事もリモートワーク、息抜きの外食もできない方が増えて人とのコミュニケーションが不足したりストレス発散の場がなくなって「コロナうつ」と言われるような症状の方が多くなったのでしょう。

コロナ禍でキャンプが流行っているそうですが、キャンプはまさしく不便を楽しむものではないでしょうか。そしてその不便の中から想像力で合理性、効率化を生み出すのであれば無駄や不便なくしては人生の豊かさは得られません。

心の余裕や人間のひらめきは無駄な時間から生まれて、私たちの本質は無駄の中にこそあるのだと思います。無駄と効率化、真逆のようですがどちらも必要な要素です。私もせっかちを反省して、有意義な無駄を意識して心の余裕を得たいと思います。そんな心の余裕があればコロナにも負けない強い心になるのだと思います。

 

2022年の抱負

明けましておめでとうございます。

 

 

2021年は2020年に引き続きコロナで大変な年でしたが、製造業では原料高騰や部材逼迫が問題となった1年でした。しかし、こういった外的要因は内的要因よりも解決は簡単なのかもしれません。そして乗り越えれば企業も成長します。

コロナ禍では良くも悪くも内的要因もまた変化しました。内的要因はコントロールが可能ですので、今年は内部環境を整えていきたいと思っています。

 

「外部環境を常に意識(分析)して、内部環境を整える」

私は内部環境で一番大事なのは人材だと考えています。当社の平均年齢は若干高めですが、時代の変化に柔軟に対応できるよう従業員一同明るく前向きに仕事に取り組みたいと考えています。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

光陽精工株式会社 代表取締役 新井啓子

2021のまとめ

昨年に引き続き今年もまたコロナに始まりコロナに終わる一年となってしまいました。パンデミックというと教科書に出てきたスペインかぜくらいしか思い浮かばず、歴史上の出来事や映画の中の話としか考えていませんでした。まさか自分が生きているうちにこのような事態が起きるなどとは微塵も考えていませんでした。

しかも私は自身が社長になって2年経ち、ようやく3年目という立場でのパンデミックだった訳です。社長として未熟な状態で叔父や父も経験しなかった困難に立ち向かわなければなりませんでした。

ただ、私が就任したときは既に会社が組織として出来上がっていた状態で、経理担当者や営業担当者も十分な知識と能力がある状態でしたので未曾有の事態においても私がやるべき仕事は資金や営業活動の問題よりも、日々の変化する情報を収集することや溢れる情報に惑わされてとまどう組織の構築だと考え、私はなるべくコロナ前と変わらない状況を作ろうと思っていました。しかし予想より長引いたコロナ禍で今しかできないことを考えるようになりました。

 

当社の入間工場は社員4名のうち3名は入社2年以内ですが、仕事の少ないコロナ禍だからできることとして技術向上に真剣に取り組んでくれました。パート従業員たちも会社の日々変化する方針を快く受け入れて協力してくれました。このような従業員たちの姿勢に私も刺激を受け、心が救われました。不謹慎な言い方かもしれませんが、コロナは世界中の人々に平等に不利益をもたらしました。そのような中で従業員がこのように前向きでいてくれることは会社の大変な強みとなりました。

普段のルーティーン以外の仕事に対して全力を傾けて頑張るということは大変困難です。自身の成長、会社の成長に必ずつながっていると頭で理解してもコロナに負けない強い心が必要です。世界中で平等にもたらされた不利益の中で当社従業員の強い心は大いに力を発揮したように思います。マイナス要素しかないコロナ禍を機に技術を習得しようという向上心は尊敬に値します。そしてこのような考え方が自身の人生を豊かにするのだと思います。

 

従業員には事あるごとに言っていますが、私は従業員に「自分の人生を豊かにする」働き方を望んでいます。一日の大半を過ごす会社での行動がそれぞれの人生に大きく影響すると思うからです。コロナ禍で仕事が減り時間が余ることが多かった2年間、会社での過ごし方にも大きな差が出るような環境でした。ともすればマイナス思考になってしまいそうなコロナ禍での仕事の取り組み方や心の在り方は「人生を豊かにする」ための重要な要素だったと思います。もちろんコロナは現在進行形です。もやもやした毎日を過ごしている方はコロナのマイナス要素ばかりを伝えるニュースから少し離れて、これからどのようにコロナと向き合っていくのかをプラス思考で前向きに考えてみてください。正解か不正解かはありません。心の在り方を大切に、自分の人生を豊かにするために!

保護犬保護猫について考える

我が家の愛犬は元保護犬です。ブリーダーからの保護と聞いています。声帯を切られていて、繁殖犬だったので歯はボロボロです。我が家にきてもうすぐ一年経ちますが現在はだいたい5歳くらいらしいです。年齢も定かではなく、この先の健康面も心配なことが多いという条件でしたが、他の保護犬に比べると犬初心者である我が家の犬はかなり良い条件でした。先住猫との相性もあるのでトライアル期間を設けていただき、ペットショップより悪条件にもかかわらず思ったより面倒な手続きや説明があり譲渡となりました。保護犬を探していたときに他の団体からは「留守番が多い」という理由で断られました。保護団体によりますが譲渡基準はどこも厳しいです。早くたくさん譲渡した方が運営も楽なはずなのに、何故譲渡基準がここまで厳しいのか不思議でした。

 

先日保護団体で起きた問題ですが、一年前に心臓に疾患のある猫を1匹で飼育することが条件で譲渡したはずなのに、里親が他団体から新しい保護猫を迎えてしまい、なんと新しい猫が妊娠してしまったそうです。慌てて避妊手術を勧めたそうなのですが何故か心臓に疾患のある猫(手術は不可能な状態)の去勢手術の準備を進めていることが判明し、結局保護され団体の元に帰ってきたということでした。里親に悪気はなかったようで現在も弁護士を通じて元里親と揉めているようです。団体の方々は本来の目的を果たすためにプライドを持って活動をなさっていたのです。

この事例は若いカップルだったらしく「今後は未婚カップルには譲渡できなくなるかもしれない」と悩んでおられました。問題が発生する度に譲渡基準もどんどん厳しくなっていったのです。私も面接をするのでよくわかりますが、一度会っただけで相手の人となりまで理解することは不可能です。譲渡の条件を付けると偏見だと思われるかもしれませんが、明確な判断基準が必要なのは仕方のないことだったのです。

 

最近は野良猫を見ることがほぼありませんが、本社のある東村山市では野良猫に餌付けをする方が多く野良猫がたくさんいます。好意でしているのだと思いますが、餌付けをするくらい猫好きな方ならばNPOを立ち上げて保護するとか保護団体に連絡して避妊してもらうなど先を考えた行動をしなければせっかくの好意も逆効果です。問題を大きくしている行動の一つとなってしまいます。

野良猫の餌やり行為は禁止だと思っていたのですが、地域によってそれぞれのルールがあるようです。ちなみに東村山市には「地域猫活動」というものがあり基本的にはボランティアグループに連絡して避妊・去勢手術を施すそうですが、今のところ毎年必ず野良仔猫を見かけます。餌をあげたいのであればそこまで調べて責任をもって行動するのが義務だと思います。ボランティアで頑張ってくださっている方々がいるのは承知の上で何もしていない私があえて評価しますが「仔猫が減らないということは地域猫活動が成功しているとは言えません」。もちろん真剣に取り組んでいるボランティアさん達ではなく意識の低い住民の行動がこの結果を招いていると思います。もし知らないのであれば意識改革として市内の小学校の授業で取り上げたりできないのでしょうか。

 

少し思いを巡らせてみればその先のことが想像できるはずです。せっかくの好意が無駄になるなんて空しいだけです。多頭飼育崩壊にしても好きだから飼ったはずが動物を苦しめることになるなんてナンセンスです。考え方は人それぞれですが、その先に命の問題があるのであれば進むべき方向はみな同じだと思います。

選択肢の多い時代

情報があふれるの今の時代、昔と比較して大変便利になりました。簡単に様々な情報を得られることは、人類が目指して少しずつ実現してきた成果なのだと思います。私には想像もできませんが今後はさらに便利になっていくのでしょう。

情報の多さから個人の選択肢が格段に増えました。個人的には「情報が多いことは便利でありがたい」よりも「いちいち選択肢が増えていくのは面倒だし怖い」と思っています。

嫌ならば躍起になって情報収集をしなければいいとは思うのですが、不安になってしまうのか何かあると必ず携帯で検索をしてしまいます。極論を言えば、真実なんて自分の目で見ても経験しても本当にわかっているのか疑問なのに、ましてや聞いただけで真実の情報を得られるなんて思っていてはいけないのだと思います。不思議なことに実際に目で見たことよりもネットの情報の方が正しく思えることが多いのですが、これが情報過多という状態なのでしょう。コロナ禍で話題になった自粛警察や芸能人に悪意のあるコメントをする人たちも同じ感覚なのだと思います。溢れるネットの情報のみで全てを知ったような錯覚に陥り、自分勝手な正義を振りかざす…。なんて偉そうに書いていますが、私も同じようなことをしたことがあるかもしれませんし、全くやっていないという人の方が少ないのかもしれません。

 

そんな選択肢の多い時代を上手く生き抜くために大切なことは「考えること」だと思います。とにかく考える。常に視野を広く持ち、客観的に一歩ひいて一度考えてみること。これからの時代は考えることが必要になり、自分の意見をしっかり持つことが今まで以上に重要になるのではないでしょうか。それから選択肢が増えた分だけ個々の責任が重くなり「無責任な発言や選択をしてはいけない」ということを肝に銘じなければならないと思います。そんな時代を生き抜く今の若者や子供たちは私たちの世代よりきっと自分の意志を持ったしっかりとした大人になるのではないかと期待しています。

 

自分らしく生きるための選択というというのも昔より多くなったと思います。ただ私は超平均的な人間なので敷かれたレールの上を歩く人生というのが楽で一般的な道から少しでも外れたときの方が気になってしまいます。昔、歴史上の人物の生涯を紹介する「知ってるつもり」という番組内で「人生の選択」というクイズがありましたが偉人たちもきっと悩んで考えて人生の選択をしたのだと思います。選択の結果や方法は十人十色ですが、じっくり考えるということは共通して大事なことです。

とはいえ私も会社の代表になるという大それた人生の選択してしまいましたが、それこそ考えました。この先の人生を今までと同じように楽しいと思えるのだろうか…なんていう極端な考えまで浮かび、覚悟もしました。考え抜いて選択したという事実があるからこそ、後悔をしないために頑張れるのだと思います。納得がいくまで考えることができれば、どんな選択も受け入れられるはずです。多すぎる情報を上手くコントロールして最善の選択をしていきたいですね。